【スタッフ紹介】「ユーザー視点をわかったつもり」からの脱却を目指して

2020年7月からUX DAYS TOKYOスタッフとして活動している福本です。普段は事業会社でBtoCアプリのディレクターとして働いています。
この記事では私がUX DAYS TOKYOスタッフになった理由やスタッフになってからの変化を、自己紹介を兼ねて書かせていただきたいと思います。

「強制的に自分に学ばせよう」と思いスタッフに

私がスタッフに応募したきっかけは、UX DAYS TOKYO主催のワークショップや、グロースハック手法について書かれた書籍「Hacking Growth」の読書会に参加したことでした。

UX DAYS TOKYOの読書会では、章ごとに担当を決めて書籍の内容を発表します。私は「リテンションのグロースハック」の章を担当し、「一口にリテンションと言ってもユーザーがどの段階にいるかによって意識するポイントや解決策が異なる」ということをメインに発表しました。また、維持できなかったユーザーに対するアプローチ方法についても発表したのですが、その際に「こんなリテンションをされて引いてしまった」「こういうきっかけでサービスに戻ろうと思った」などの実体験が参加者から次々と上がり、とても盛り上がる議論になりました。
このように、UX DAYS TOKYOのイベントでは実践や参加者同士の議論が多く、独学や読書といったそれまでの勉強方法に比べて自分の中での知識の定着率が高かったのを覚えています。そのまま一般参加者としてワークショップや読書会に参加し続けることも考えましたが、性格上すぐにだれて参加を見送りがちになってしまいそうだったので、「強制的に勉強を続けられるような環境を作ろう!」と思いスタッフに応募しました。

参加する前の自分

元々UXには興味を持っていたものの、「どうやって学んだら良いか」「自分に合った勉強法は何か」を見つけてスタッフに応募するまでには結構迷走しました。
私がUXに興味を持ったきっかけと、「ユーザー視点をわかったつもりで何もわかっていない」という壁に突き当たり勉強方法を模索した話を書いていきます。

新人時期:ユーザー視点を褒められてUXに興味を持つように

私は数年前、BtoCのWeb・アプリサービスを持っている会社に新卒で入社しました。
入社後にまず行ったのが、OJTでWebサービスの改善提案をすることでした。それは新入社員という立場を活かし、社員ではなくユーザーとしての視点で出した意見を施策にして提案・実行するというものでした。
今振り返ると、出したのは「なんとなくここの表示が見づらい」というような小さくて曖昧な施策ばかりでした。ですが実現可否を気にせずに良いと思えるものを突き詰めたり、自分だけでなく周りの人にもサービスを使ってもらって意見をもらったりと試行錯誤するのは楽しく、とてもやりがいがあるものでした。我の強さゆえ「絶対にこっちの方がユーザーにとって良いです!」と言い張っていたこともあり、上司からは「福本さんはユーザー視点で物事を見られる人」という評価をされていたそうです。
そんな経緯もあり、私の仕事の信条は「ユーザー視点で良いサービスを作る」ことになりました。自分の意見を出す他にも、「ユーザーはこう思っているのではないか?」という仮説を立証するためにデータベース言語のSQLを覚えてユーザーログを分析してみるなど、ユーザー視点を意識して順調にスキルを積んでいる…つもりでした。

中堅時期:「ユーザー視点をわかったつもり」になっていた

年次が上がるにつれ、私は悩みを抱えるようになりました。
サービスの運営やグロースに本格的に関わるにつれ、売上や開発工数、実現可否などを意識する必要が出てきて、自然と社員としての視点の方が強くなっていったのです。
その結果、「ユーザー視点で良いサービスを作る」ことを目標に掲げていたにもかかわらず、「売上にならないのが見えているし良いか…」と諦めてしまうことも多くなりました。
また、そもそも自分が実現しようとした「ユーザーにとって良い体験」も、「自分はユーザー視点!だってそう評価されているから!だからユーザーも私と同じことを思っているだろう」と何の根拠もなく出しているものでした。

ビジネスを成立させつつユーザーにとって良い体験を生むには、自分の主観以外にもっとちゃんとした根拠が欲しい。もっと勉強しないといけない。
そう思って本を何冊か読んでみたり、UX関連の勉強会に参加したりしました。ただ読書も勉強会参加も、「すごい話を知れたなあ」「こういう事例もあるんだなあ」という感想レベルで終わってしまい、職場に持ち帰って実践してというところにはなかなか繋げられず…時間をかけて勉強したはずなのに実務に何も生きていないという「知ったつもり期」に陥ってしまいました。インプットとしては良かったものの、自分の中で噛み砕いて解釈したり議論したりというアウトプットができておらず、結果として定着率が悪かったのだなと思います。

なので、現在議論やアウトプットが盛んなUX DAYS TOKYOにスタッフとして関わっていることは、これまでよりも自分の身になっていると感じています。

参加して得られたもの

UX DAYS TOKYOのスタッフになって1ヶ月が経ちました。
成長を実感するところまではまだ来られていませんが、メンバーと議論する中で、今まで勉強してこなかったツケをひしひしと感じています…。UX DAYS TOKYOではUXに関する話題だけでなく、団体としての活動についてもディスカッションを行う機会が多くあります。その中で心理学の用語がポンポン出たり、アイデアが発散した際にスムーズに収束するようなファシリテーションがされたりしているのを見ると、メンバーの知識量やそれぞれの職場で培ってきた経験を感じて「私も頑張らないと」と刺激を受けます。
今はメンバーがおすすめしてくれた本を追って読んでみたりUXに関する用語の記事を書いてみたり、インプットとアウトプットのバランスを取りながら勉強している段階です。

繰り返しにはなりますが、私がUX DAYS TOKYOに感じた一番の価値は、議論やワークショップといったアウトプットができることです。UX DAYS TOKYOのスタッフ内はもちろんのこと、ワークショップ等の参加者の方とも議論をする中で、テクニック的にUXを学ぶのでなく考え方を自分の身に染み込ませていきたいと思っています。
今後は議論をより深めたり発展させたりできるよう、基礎的な知識をつけつつファシリテーションスキルの習得に向けても頑張っていきます。

yukino

BtoCアプリのディレクター。元々興味のあったUXをより深く学ぶためUX DAYS TOKYOに参加しました。仕事をしつつ専門学校に通い、デザインも少しずつ勉強中。最近の趣味はアイドル(ファンサは最高のUX)