数値では見れない因果関係を求めて

こんにちは。2017年末よりスタッフとしてUX DAYS TOKYOに参加しております中井喜恵(なかいきえ)です。

現在は、フリーランスとして、UX/UIデザイナー、PM、プロデューサー、ディレクターなどの立ち位置で業務に携わっています。今回は、私自身の自己紹介を少しさせていただきます。

因果関係はデータ解析では読み取れないことに悩む

フリーランスになる以前は受託系制作会社で、プロデューサー/ディレクターという立ち位置で働いていました。制作管理以外にも、サイトの企画から情報設計、ワイヤ制作などプランニング業務も行なっていました。

そこで、メディアサイトのリニューアル・運用に携わった際に、ユーザビリティの重要性に気付いたことが、UXに興味を持つきっかけでした。ただ、この段階では、まだ「使い勝手をよくするためには、UIを良くしなければならない」程度の理解であり、UXについてはUIとの違いさえも認識できていませんでした。いくつかの書籍やウェブなどを見つつ、使い勝手の良いUIを考えた画面設計をしていましたが、今からしてみると、この頃は主観と思い込みだらけの設計だったと思います。

次第に、「UIを考えるにはユーザーが抱えている問題点を捉える必要がある」ということが見えてきて、ユーザー行動を解析することに着目し始めました。当初は、アクセス解析のみでユーザー行動を見ていたのですが、定量データの特性である相関関係は見えても因果関係が見えてこないというところに大きなモヤモヤを抱えていました。そして、それを解決するために、マーケティングを少し勉強し始めるも、結局、そのモヤモヤが解決することはありませんでした。

ユーザーの声を聞くという解決策

次に着目したのが、UIとセットで語られることが多かった「UX」というワードでした。UXについて詳しく知れば、もしかするとモヤモヤしているものが解決できるかもしれない。そんな思いで、いくつかの関連するイベントなどに足を運んでいました。しかし、私が参加した、いずれイベントも手法のみに着目するものや経験や事例の発表をするものなどで、残念ながら、UXの本質を捉えることが出来ないものばかりでした。

2017年11月17日開催の「セルフユーザビリティ検定講座」の様子

その中で出会ったのがUX DAYS TOKYOが主催するワークショップ「セルフユーザビリティテスト検定講座」でした。ユーザビリティテストの存在もそうですが、このワークショップで当時の私がもっとも衝撃を受けたのが「ユーザーの声を聞く」という行為そのものでした。それまで、アクセス解析から見えた相関関係から因果関係を推測していたので、直接聞くことによって見えてくるという点に「そこだったのか!」と目から鱗だったことを覚えています。

そのほかにも、ユーザを理解するために視点に着目する点などにも感銘を受け、ここであれば正しくUXを理解して行けそうだとグループへの参加を決めました。

UXの本質を広めていく活動・仕事がしたい

UX DAYS TOKYO主催のワークショップで登壇させていただいてます

ユーザーを理解するために、シンプルだけれど最も重要である「ユーザーの声を聞く」ということです。UXの原点は、そこにあり、因果関係を見い出すために最も重要な点だと、今は考えています。

しかしながら、受託系の仕事をしていると、まだまだ日本では、IT関連業界であったとしてもマーケティングやアクセス解析と同等レベルまでの定着は仕切れていないことを痛感します。しかし、自分自身の体験からもユーザーの理解は、最終的にはサービスやツールなど製品自体の成長や売上にも関わっていくものなため、まずは視点からでも取り入れるべきだと考えています。

現在の目標としては、このUXの本質を正しく理解してもらえるための活動・仕事をしていきたいと考えています。

この記事を書いた人:Kie Nakai

フリーランスとしてWebディレクター、プランナー、コンサルタントなど、様々な立ち位置で案件に携わっています。戦略策定から企画、サイト設計に携わることが多く、UXの重要性をひしひしと感じ目下勉強中です。