アッベの原理
Abbe

測定は対象のできるだけ近く・同一軌道上でおこなうと精度が高くなる

物体の長さや大きさを測定する場合、測定物と基準を同一軸上に配置することで精度を高めることができる。
ドイツの物理学者エルンスト・カール・アッベ(Ernst Karl Abbe)が提唱した。

エルンスト・カール・アッベ(引用:ウィキペディア)

ノギスとマイクロメーター


両方ともに長さを測る測定器である。
マイクロメーターは測定物と目盛りが一直線上(同一軌道上)にあるのに対して、ノギスは対象物と目盛りが一直線ではない。

アッベエラー

例えば、下の図は測定時に角度5°の歪みが生じている場合である。
測定物と目盛りが一直線上にある場合は歪みがあってもほぼ正確な長さが測れているが、対象物と目盛りが離れるほど誤差が大きくなっていく。これを角度誤差(アッベエラー)と呼ぶ。

アッベエラー

ノギスの場合、力の入れ方などでズレを生じる場合がある

それゆえに、できるだけ対象物の近くで計測することが精度を高める近道である。

リサーチでも、対象に近いか意識する

物理的な長さや大きさの計測に限らず、アッベの原理は有効である。UXリサーチでも、計測対象に近いほど精度を高めることができる。

参考文献・記事

この記事を書いた人:山田 和広

株式会社PR TIMES エンジニア。
2000年慶應義塾大学環境情報学部卒業。新卒でWEB制作会社に入社。その後、映画宣伝会社でハリウッド映画等の公式サイト作成・オンライン宣伝企画を担当。2014年4月PR TIMESへフロントエンド・エンジニアとして入社し、サービスの企画・開発を行っています。