用語集

ダークパターン

ユーザーを騙す行為、デザイン。ユーザーが想定する(無意識の)行動を逆手にとって騙す、そのように思わせること。

カーム・テクノロジー

ユーザーが常にそのテクノロジーに注意を向けるのではなく、あまり目立つことのないように設計されたテクノロジーのこと。「カーム」というのは日本語では「おだやか」

視線誘導

目の動きの特性を使って画面上で誘導をかけること

エスノグラフィー 調査

ユーザーが通常行っている自然行動を調査するユーザーリサーチ手法のひとつです。ユーザーの行動は、コンテキスト(周りの環境)からの影響されることがありますが、自然な状態であることでユーザーに余計な影響を与えないことが特徴

ゼロクリック

音声やセンサーによって、接続された製品やサービス自身が顧客の代わりに商品注文等のアクションを行うこと

視線計測

人が「どこを、どのように、いつ見るか」ということを計測することです。言葉だけでは表現できない視線を計測することで、人が無意識に発している「本音」を探ることができます。

アンカリング(アンカリング効果)

一番最初に接した、もしくは最も印象的な情報や数値が、意思決定や判断に影響を及ぼしてしまう傾向のこと。認知バイアスに属する心理原則のひとつ。

ヒューリスティック評価

ユーザビリティの専門家が経験則に基づいてUIの評価を行い、ユーザビリティの問題を発見し改善案を提案する分析手法。

ハロー効果

特定の特徴に対する評価が、因果関係を持たない別の特徴に対する評価へ影響を及ぼしてしまう現象のこと

図と地

人間が複数の分離した領域をもつ対象を知覚する際、形(=図)と背景(=地)に分離して解釈される現象、およびその現象により分割された2つの領域を指す概念。