用語集

図と地

人間が複数の分離した領域をもつ対象を知覚する際、形(=図)と背景(=地)に分離して解釈される現象、およびその現象により分割された2つの領域を指す概念

ヒューリスティック評価 1 users

ユーザビリティの専門家が経験則に基づいてUIの評価を行い、ユーザビリティの問題を発見し改善案を提案する分析手法

エスノグラフィー 調査 1 users

ユーザーが通常行っている自然行動を調査するユーザーリサーチ手法
ユーザーの行動は、コンテキスト(周りの環境)からの影響されることがあるが、自然な状態であることでユーザーに余計な影響を与えないことが特徴

ハロー効果

特定の特徴に対する評価が、因果関係を持たない別の特徴に対する評価へ影響を及ぼしてしまう現象のこと

アンカリング(アンカリング効果)

一番最初に接した、もしくは最も印象的な情報や数値が、意思決定や判断に影響を及ぼしてしまう傾向のこと
認知バイアスに属する心理原則のひとつ

ゼロクリック

音声やセンサーによって、接続された製品やサービス自身が顧客の代わりに商品注文等のアクションを行うこと

狩野モデル 2 users

顧客満足に不可欠な属性(当たり前品質)と競合と差別化する属性(魅力品質)を区別し優先順位付けの方法

ブレインストーミング

アイディアを出し合うことによって、発想の誘発や連鎖反応を期待するもの
ブレストと略される場合もある

スキーマ

ある物事に対しての似たような例が集まり、人がひとつの一般的事柄として捉えるという「物事の認知過程の概念」のこと

信号検出理論

アニメーションの速度を変化させた際の心地良さなど、ユーザーの気分や個人差によって評価が変わってしまうような指標を定量的に扱うためのひとつの理論