インバウンド
Inbound

外から中に入ってくるという意味。「顧客が自発的に企業に接触してくること」「外国人が訪日すること」などを表す。

「イン」は周知の通り「~の中」という意味で、「バウンド」は「~行きの、~に向かう」という意味である。それらを合わせた語彙が「インバウンド」であり、「内側に向かう、内側に入ってくる」という意味を形成している。

「外から内に向かう」ことにおいて幅広い意味を持つ「インバウンド」の使用例

インバウンドの使い方

観光

「インバウンド」は観光分野で最も使用されている用語である。一般的には、「外国人が訪日すること」「訪日外国人旅行」を総括してインバウンドと表す。具体例としてインバウンド観光、インバウンド客、インバウンド事業、インバウンド市場、インバウンド消費、という使い方がある。

マーケティング

ウェブサイトやSNSアカウントの文章・動画・写真などの自社コンテンツを充実させることによって顧客が自発的に企業に接触し、認知の拡大や販売促進を図ることをインバウンドマーケティングという。
また、ユーザーからの信頼を獲得できれば、彼らは顧客であるだけでなく、SNSなどでプロモーションをしてくれる存在にもなる。

IT業界

インバウンドデータ、インバウンド通信、インバウンドトラフィック等、外部から受信するものを「インバウンド」と言っている。

インバウンドの対義語

「インバウンド」の対義語は「アウトバウンド」で、「外に出ていく」という意味。
具体例として、観光業界では外国へ旅行すること、IT業界ではネットワークなどから外部に送信したデータのこと、マーケティング業界ではテレビCMやチラシなど、企業が能動的に顧客に接触していくマーケティング手法のことなどを指す。

参考文献

この記事を書いた人:Aiko Nakasako

SEOを中心としたウェブマーケティング、デジタルマーケティングやウェブディレクションをしています。
的確にユーザーの問題解決をする、本質的なサービスデザインができるよう日々勉強中です。