確証バイアス
Confirmation Bias

個人の先入観に基づいて、自らの仮説や考えを支持する情報ばかりを選択し、否定する情報を無意識的に避けてしまう性質。

確証バイアスとは認知バイアスの一つで、自分にとって都合の良い情報ばかりを集めてしまう性質である。
例えば、「A型の人は几帳面だ」という先入観があると、10人中3人が几帳面だったとしても3人の几帳面な人に意識が行ってしまう。また、残りの7人については「A型なのに几帳面じゃないのは、めずらしい」と感じてしまう。

ウェイソン選択問題

確証バイアスを利用した論理パズルとして、認知心理学者のPeter Cathcart Wasonピーター・カスカート・ウェイソンが1966年に考案したウェイソン選択問題がある。

ウェイソン選択問題の問題と解説

ウェイソンが行った研究では、90%以上が「②と③」と誤答した。
偶数であり、赤色であるものを探そうという確証バイアスである。
この問題の正解を解くカギは「仮説に反する証拠を探すこと」で、④を選択できるようになる
すなわち、「偶数のカードの裏が赤でない」または「裏が赤以外のカードの表に偶数が書かれている」場合は、この仮説が否定される。
しかし、確証バイアスがかかっていると仮説を支持する証拠(=偶数、赤色に関する情報)を集めにいってしまう。

ユーザーが持つ確証バイアス

ユーザーも確証バイアスを持っている可能性がある。確証バイアスを持ったユーザーは、一度先入観を持つと、新しい情報が入ってきても、無意識に先入観に合わせた情報を拾いやすくなる。
チープなデザインのサイトでは、商品がいくら魅力的でもどこか安ぽい印象をひきずる。ECサイトで一番最初に目についた商品が高価な場合は、他の商品も高価なのではないかと先入観を抱く可能性がある。
マイナスの確証バイアスを働かせないよう、印象を決めるサイトのトップページやファーストビューに入る情報は、細心の注意を払って制作をすることが重要である。

参考文献

この記事を書いた人:あやぱん

現在、スタートアップのWeb制作会社でディレクター・プランナーをしています。UXの知識をつけて、色んな人と関わりながら学んでいきたいと思い、UX DAYS TOKYOに参加。「コンテキストの理解と実践」ワークショップ登壇。