グロース
Growth

利用者から得たデータを元に仮説検証改善を短期スパンで繰り返し、サービスを改善していく課題解決手法のこと

グロースは、1から100へと拡大成長させていくことで、グロースハッカーの役割である。

グロースハッカーとは?

2010年のSeanショーンEllisエリス氏のブログ記事で、成長を意味する「グロース」とコンピュータに精通する「ハッカー」を合わせた「グロースハッカー」という造語が提唱されたことから、サービスや製品を利用するユーザー動向のデータを解析し、改善を迅速に繰り返してマーケティングの課題を解決する手法を”グロースハック”と呼ぶようになった。

これまでに、Facebook・Twitter・Airbnb・Dropbox・hulu・クックパッドなどの企業がグロースハックを行い、成長に寄与している。グロースは成長させる対象がなければ成り立たない。無から生み出すのではなく1から100へと成長拡大させていくことがグロースハッカーの役割である。

サービスがニーズと合っていることが前提

グロースハックは Product Market Fit(PMF)、サービスや製品が市場ニーズに合っているかが大前提である。なぜなら、成長を目指す先が適切である必要があるためで、仮にPMFを達成せずにA/Bテストをしたとしても、売れない商品を送り出していたら成長どころではないからだ。

具体的な指標としては、「あなたはこのサービスがなくなったら困りますか?」という質問に「困る」と回答するユーザーが40%を超えている状態である。

PMFが出来ていたら、以下の手順でグロースハックを進めていく。

  1. 現状を計測する
  2. 分析し仮説を立てる
  3. 優先順位をつける
  4. 機能、UX、UI、文章などを設計する
  5. 実装する
  6. 効果計測する

グロースハッカーは、ダイレクトマーケティング・ユーザー心理の理解・仮説力・ランディングページ・APIの利用・Googleアナリティクス分析・A/Bテスト・など、エンジニアとマーケター双方の知識が必要になる。

マーケターとエンジニア両方の視点から仮説をもって施策と改善を繰り返し、ユーザーの数や質・売り上げ・企業そのものをグロース(成長)させていくことがグロースハックである。

参考文献

この記事を書いた人:ruri shima

Webマスター/ディレクターをしています。
理論と裏付けから成るサービスを提供すべくUXを学んでいます。
カメラ・自転車・旅行が好きで、一年かけてバックパッカーしてたりもしました。