パレートの法則
Pareto Principle

全体の2割の要素が、全体の8割の数値を生み出しているという法則

1896年にイタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した法則であり、80:20の法則、2:8の法則、ばらつきの法則とも言われる。また「2割が8割を」という割合値は厳密ではなく、概ねこのようにばらつくという意味である。

法則にあてはまる例

売上や仕事の時間と成果を対象にパレートの法則の例を挙げる。

売上

ある企業でAからJの合計10の商品を扱っている場合、売上上位の2商品によって、全体の8割の売り上げがもたらされる。

売上上位の2商品が全体の8割の売上をもたらす

仕事の成果

ある仕事にかかる時間と成果の関係において、全所要時間のうち2割の時間が、成果の8割をもたらす。

ある仕事における所要時間と成果の関係

96:4の法則

ある企業の顧客が1000人いるとする。パレートの法則が現れているとすれば、1000人のうち200人(2割)の顧客が、売上の8割に寄与している状態である。この200人を優良顧客と考える。

さらに優良顧客200人においてもパレートの法則は現れ、200人×20% = 40人が、優良顧客内の売上の8割を占める最優良顧客となる。最優良顧客は全体の4%、つまり96:4の比となり、96:4の法則と言われることがある。

96:4の法則例

経済活動への応用

パレートの法則を踏まえた顧客サポートの効率化について考える。

例えば上記1000人の顧客がいた場合、最優良顧客40人には訪問を含めた手厚いサポート対応、優良顧客には電話対応、その他の顧客にはメール対応とすることで、サポート対応を効率化できる。これは企業からすれば、全顧客に対し訪問サポートするより効率的である。

これによりサポート対応に必要な仕事量が効率化されたとすれば、サポート以外の製品開発等にかけられる時間も最大化される。パレートの法則はこういった形で、経済活動へ応用することが可能である。

パレートの法則に基づくサポート体制の効率化

この記事を書いた人:菱井 康生

現在、都内のスタートアップでサーバーサイドエンジニア兼プロダクトマネージャとして働いています。BtoCのサービスを運営しながら、UX領域に強い興味を持ち、日々の業務でもその領域の改善に熱を注いでいます。