シンギュラリティ
Technological Singularity

将来、人工知能が人間を超える存在となる瞬間に到達すること

シンギュラリティ

将来、人工知能(技術)が人間を超える存在となる瞬間に到達することを指す。技術的特異点ともよばれる。
その出来事がおおよそ2045年ごろに来るとされているため、2045年問題と言われることもある。

現在は、シンギュラリティの到達により、AIや機械がターミネーターなどのSF映画のように人間にとって脅威となるのか、それとも人間の生活をより発展させるものになるのかということに関する様々な議論が行われている。

また、昨今ではAIが仕事を奪うという論調の記事や意見が多いが、このような意見に踊らされずに未来を見据えて、より人類、社会が発展できるシンギュラリティを迎えるためにはどうすればよいだろうかと前向きにとらえ、考えていく姿勢が大事といえる。

AIは人間を超越しているのか

単純な計算能力などを考えれば現時点でも機械やAIは人間を超越しているといわれているが、ここではAGI(汎用人工知能)といわれる人工知能が人間の全体的な思考能力を超越する場合について語られることが多い。

現状でのシンギュラリティに対する動き

法律などの制度面ではEUを中心にシンギュラリティの到達に備え、ロボットやAIに必ずキルスイッチ(強制終了スイッチ)をつけなければならないとするような案も出ている。

この記事を書いた人:大本 あかね

UX DAYS TOKYO オーガナイザ/デジタルマーケティングコンサルタント

著書
ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン
Google Search Consoleの教科書

毎年春に行われているUX DAYS TOKYOは私自身の学びの場にもなっています。学んだ知識を実践し勉強会やブログなどでフィードバックしています。
UXは奥が深いので、みなさん一緒に勉強していきましょう!

スローガンは「早く学ぶより深く学ぶ」「効果のあるUXを」です。