URLファーストデザイン
URL First Design

URLでページの内容やサイトの構造を推測しやすくする情報設計からWebサイトの設計を始めること。

Webサイト構築の初期段階で、フォルダ構成や情報設計を正しくおこなうところから始めること。
ページの内容や階層、さらにサイトの構造がわかりやすいURLにするためには、サイト全体の情報設計が必要となる。
ユーザーにとってわかりやすいURLを意識することで、全体像を最初に考えることができる。さらに、同じ情報の繰り返しを避けるDRY原則(Don’t repeat yourself)にマッチした、ユーザーにわかりやすいサイト構成にすることができる。

ユーザーにわかりやすいURLとは

以下のような形でわかりやすいURLにすることが望ましい。


URL1
URL2

ページの構造を整理する必要性

UX DAYS TOKYOのサイトの例ではカテゴリごとにディレクトリを分割している。
運営側にとっては情報を整理して出すひとつの指針となり、またユーザーにとっても現在地がわかりやすいというメリットになる。

ただURLには似たような文字列でユーザーを騙す詐欺にも利用されてしまうという悪用例もある。(例: google→g00g1e)そのため、2018年にGoogleのChromeセキュリティ対策チームはユーザーがURLを認識しなくても、どのサイトを見ているか簡単にわかるようにするという構想を打ち出した。
『グーグルは、こうして「URLがない世界」への第一歩を踏み出す』WIRED

しかしサイト全体の情報設計を行いページの構造を整理することは、サイトやサービスのユーザー体験を向上させる上で必要なので、URLを抜きにしてもきちんと考えておく必要がある。

関連記事

参考サイト

山田 和広

事業会社でサービス開発をおこなっています。
元々はエンジニアとして働いていましたが、現在ではスクラムマスター、QA、UXライティングなど様々な分野に挑戦中です。
UX DAYS TOKYOの活動を通じて、ユーザーの視点やスクラムに関する本質、共創のマインドなどを学び、現場でも多くを取り入れています。