美的ユーザビリティ効果
Aesthetic-Usability Effect

Aesthetic-Usability Effect (美的ユーザビリティ効果)とは、ユーザーは美的に優れたデザインのものを、実際にそれが正しいかどうかに関わらず、それに劣るものと比べてより簡単で使いやすいであろうと思い込む現象のことである。

優れたデザインであれば使いやすいものであろう、逆に醜い見た目であれば扱いづらいものであろう。そういった思い込みを人間はもちやすい。

pc and mac

例えば、メールとWebの閲覧用にしかパソコンを使わない人が、同じ機能を持っていてもWindowsではなくMacをあえて買う理由はなにか。
考えられる可能性のひとつとして、Macのデザインがかっこいいと思うが故、人は機能性が高そう、使い方がわかりやすそう等ポジティブな印象を持つ傾向があるということである。

重要なのは、その印象は「実際の機能性とは関係がない」ということである。
デザインが良いことで実物の使いづらさにも寛容になったり、より積極的にそのものの長所を探そうとすることさえある。

モチベーション向上の効果

また、同じ機能を持つ Windowsではなく、その何倍もの値段のMacをデザインの良し悪しにより購入する層もあるということは、優れたデザインにより、より高いものをユーザーに購入させる説得力を持たせることすら可能、ということである。

美的ユーザビリティによる効果

モチベーションの向上の効果の他に、美的ユーザビリティに優れているプロダクトは結果として以下の効果が期待される

  • 簡単に扱えそう=サポートやトレーニングが必要ないから、買ってみよう。
  • ポジティブな評価・印象=セールスの増加
  • 失敗に耐えてみようと考える=サポートコールの減少
  • 友達に伝える=セールスの増加

Webデザインへの応用

Webサイトを構築するときも同様だ。いかに素晴らしいコンテンツを持つ情報サイトも、サイトの見た目が悪いことで多くのビジターが中身もよく見ず離脱してしまうかもしれない。
反対に、素晴らしいデザインの e-commerceサイトであれば、あなたの商品の値が多少はったとしても、訪れた人は購入してくれるかもしれない。