コールトゥアクション
Call to Action

ユーザーにアクションを促す(行動喚起する)もの

Call to Action (CTA) とは?

Call to Action (以下,「CTA」の具体イメージとして、会員登録が必要なWebサービスであれば「新規登録」や「ログイン」になります。ECサイトの場合は「カートに入れる」や「購入する」といったもので、ボタンやテキストリンク・イメージで表示されているものを指します。CTAはページにひとつである必要はなく、むしろ長いページであれば複数回表示しても構いません。(もちろん多く出せばいい訳でもありません。)

ユーザーを上手に誘導しよう

CTAはユーザーの行動を喚起するもの(ひいてはユーザーの「やりたいこと」を実現するために必要なもの)なので、ページの中で目立つ必要があります。コントラストをつけて誘導することも必要になります。その場合、周りのコントラスによって漏れてしまうこともあるので注意が必要です。

以下のサイトはいろいろな色が採用されているため、ログインボタンを見つけるのに一苦労します。ユーザビリティテストを実施してみると、リテラシのある方であってもすぐに見つけられないデザインということがわかりました。

色がたくさん利用しているためCTAボタンであるログインボタンに気づきにくい

緑だから良いわけでもないCTAボタンのコントラストの例このサイトは全体的に緑で構成されているため、緑が一番クリックされる(緑は安心や安全を想起させる色であるため)」という一般的な常識が通じません。サイトのデザインで利用されている色によってCTAの色が変わってきます。特に赤色がブランドカラーになっている企業は、心理学的に赤色の禁止カラーを多様するとCTAでコントラストを強めようとしても強くできないのでブランドカラーが赤色でも全体をコントラストが強い赤で埋めないように気をつけましょう。

参考にした記事

この記事を書いた人:大本 あかね

UX DAYS TOKYO オーガナイザ/デジタルマーケティングコンサルタント

著書
ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン
Google Search Consoleの教科書

毎年春に行われているUX DAYS TOKYOは私自身の学びの場にもなっています。学んだ知識を実践し勉強会やブログなどでフィードバックしています。
UXは奥が深いので、みなさん一緒に勉強していきましょう!

スローガンは「早く学ぶより深く学ぶ」「効果のあるUXを」です。