魅力バイアス
Attractiveness bias

見た目が良いと、見た目以外の要素も優れていると思い込む認知の歪み

見た目が優れていて魅力的に感じるものは、他の能力も優秀だと思い込む。美男美女を見ると、知的で仕事ができ、運動神経もよく、将来は成功して幸せになるだろうと感じてしまう。

1972年にアメリカの心理学者Karen Dionカレン・ディオンEllen Berscheidエレン・ベルシャイドElaine Hatfieldエレイン・ハットフィールド(旧名Elaine Walsterエレイン・ウォレスター)らが行った研究のほか、数多くの学者が様々な方法で実験と研究を行っている。

肖像カレン・ディオン 肖像エレン・ベルシャイド 肖像エレイン・ウォレスター
カレン・ディオン
画像引用
Karen Dion | Department of Psychology
エレン・ベルシャイド
画像引用
Ellen Berscheid, PhD – FABBS
エレイン・ウォレスター
画像引用
Elaine Hatfield – Home

本能や文化の影響で魅力的かどうか判断する

魅力的かどうか判断する基準は、生物学的要因環境的要因がある。

生物学的要因は、相手がいかに健康的な肉体を持っているかどうかで決まる。ある実験では、生後6ヶ月の赤ちゃん60名に、性別・年齢・人種に関わらず魅力的な人物と、そうでない人物のスライドを見せたところ、魅力的な人物をより長く見つめていた。他人の影響ではなく、本能的に選びとっていることがわかる。

また、左右対称のもの、シンプルなものは、脳が簡単に知覚情報を処理できるので、そうでないものより好ましく感じやすい。

左右対称の顔と左右非対称の顔の絵

左右対称だと脳が知覚情報を処理しやすいので、好ましく感じやすい

環境的要因は、所属している社会・文化が影響を与える。男性であれば、”口紅を塗っている”、”ウエストがくびれている”などの、社会的に良いとされる魅力を持つ女性に惹かれやすい。

女性であれば、富と権力を持っていると、見た目が魅力的ではない男性でも惹かれやすい。しかし、環境的要因は、文化によって左右される。例えば、タジキスタンでは眉毛が繋がり、金歯の女性が魅力的であるとされ、東アフリカの一部の民族は、家畜を多数所属している男性が魅力的とされる。

高級車に魅力を感じる女性と、牛100頭に魅力を感じる女性の絵

文化の違いによって魅力的なものは変化する

見た目や雰囲気だけで重大な決定を下すことも

見た目や雰囲気によって重大な決定が下されることがある。例として、1960年のジョン・ケネディと、リチャード・ニクソンの第一回大統領選挙討論会が上げられる。

討論会をラジオで聞いた人々は、ニクソンの勝利を確信したが、テレビで視聴した人々の多くはケネディの勝利を確信した。

ケネディ、ニクソン共にディベートの声は堂々としているものの、着ているスーツやボディランゲージに大きな違いがみられる。

ケネディはTV映えする濃紺のスーツを着て、椅子にゆったり座り、堂々とした振る舞いをし、自信があるように見える。一方のニクソンは、TVスタジオの背景に溶け込んでしまうようなグレーのスーツを着て、落ち着きない様子で座っている。病み上がりだったため、顔色が悪かった事もあり、病弱で頼りなく見える。

討論会後、支持率は逆転しケネディが大統領に当選した。

ジョン・ケネディと、リチャード・ニクソンの第一回大統領選挙討論会の様子

討論会の様子。ケネディ(左)と比べ、ニクソン(右)は落ち着きが無いように見える

見た目も中身も作りこもう

人間だけではなく、製品やサービスも見た目が魅力的だと、それだけで優れた価値があると感じてしまう。

見た目が悪い製品や、操作しにくいウェブサイトなどは、どんなに優れた価値を持っていてもユーザーの注目を引くことは難しい。

しかし、見た目は魅力的でも使いにくい製品や、中身の無いコンテンツを並べただけのウェブサイトではユーザーが離れてしまい、長く利用されなくなる。

見た目もよく、中身も充実していれば、ユーザーからの信頼を得ることができ、満足して長く愛用してくれるだろう。

関連用語

2つの思考モード(システム1・システム2)

認知バイアス

ハロー効果

ホーン効果

美的ユーザビリティ効果

ネガティブ・バイアス

参考文献

blank

nayumi

東京在住のWEBデザイナー。
趣味:映画鑑賞、気分がノってる時の料理
好きな食べ物:ビリヤニ、野菜、虫
マイブーム:テキスト読み上げ機能での読書