レディネス
Readiness

学習を効果的に習得するための事前準備が整っている状態

前提となる知識やスキル、経験があると、より効果的に学習を行うことができる。Readinessレディネスは直訳すると「準備」という意味で、心理学では「特定の活動に従事する能力が整っている」状態を指し、とくに子供の教育を研究する際に使用される言葉である。

1952年に、アメリカの臨床心理学者Arnold Lucius Gesellアーノルド・ルシウス・ゲゼルが提唱した。

アーノルド・ルシウス・ゲゼルの肖像

アーノルド・ルシウス・ゲゼル
画像引用:Alchetron

成熟度合いによって学習できることは変化する

子供は産まれてから急速に脳や体が発達し、発達度合いによって物事を理解する能力や、できることが変化する。

例えば、産まれたばかりの赤ん坊に、単語や文章を教えたとしても理解できない。年齢を重ねるにつれ、簡単な単語を理解できるようになり、名詞や過去形などの文法や、長い文章を理解できるようになる。

0歳児と4歳児の言葉の理解度の違い

0歳児と4歳児の言葉の理解度の違い

一卵性双生児による訓練と発達の実験

1929年に、ゲゼル氏の研究チームは、生後46週目の一卵性双生児の赤ん坊を被験者とした実験を行った。実験では、赤ん坊に対して階段を上る訓練を行なって、どのくらい早く上れるようになったかを計測した。

赤ん坊Aは生後46週目から7週間かけて訓練を行い、26秒で上れるようになった。赤ん坊Bは生後53週目から2週間かけて訓練を行い、10秒で上れるようになった。結果から分かったことは、早期に長時間の訓練を行うよりも、適切なタイミングで短期間の訓練を行う方が、学習効果が高いということである。

訓練開始時期 訓練期間 上るのにかかった時間
赤ん坊A 46週目 7週間 26秒
赤ん坊B 53週目 2週間 10秒

なお、55週目以降、双子に対して様々な実験を行なったところ、ほぼ同じ結果だったため、個々の能力に差はなかった。脳や体が発達し、学習に最適な時期に達するまでは、どれだけ早く訓練や教育を行っても、効果は期待できないとゲゼル氏は結論づけた。

効率的に学習を行うには準備が必要

スキルや知識を効率的に習得するためには、ある程度の基礎を事前に学んでいる必要がある。

ゲゼル氏の実験のように、習熟できるほどに心身が成長していない段階で学習を行うことは、効率が悪いだけでなく、モチベーションを失うなどマイナスの効果をもたらす。

新しいサービスをリリースした時や、既存製品に新機能を追加したときにも、使い方や価値が分からず、利用継続へのモチベーションを失ってしまう現象が起こる。

対応策として基本的な機能を学習し、利用に慣れてもらうまでのプロセス「オンボーディング」が活用できる。

オンボーディングの概要図

オンボーディングを使うと、機能やサービスの価値をユーザーに伝えることができる

オンボーディングは、ユーザーにサービスの価値や機能を説明し、操作スキルを身につけてもらうことで、魅力を感じ、効果的に利用できるようサポートをする一連の導入プロセスを指す。

ユーザーの「理解度」と、操作スキルの「習得度合い」に合わせ、段階的な導入体験を設計することで、本当に伝えたかった製品本来の価値を感じてもらいやすくなる。

関連用語

アフォーダンス

オンボーディング

メンタルモデル

段階的開示

参考サイト

blank

nayumi

東京在住のWEBデザイナー。
趣味:映画鑑賞、気分がノってる時の料理
好きな食べ物:ビリヤニ、野菜、虫
マイブーム:テキスト読み上げ機能での読書