組織にUXを広める!ファシリテーター育成講座

組織にUXを広める!ファシリテーター育成講座

UXに必要なワークショップ!ワークショップで共感してもらえるモデレーターになる方法を学びます

UX DAYS TOKYO2018では、世界的に有名なUXファームの1つ”Frog”に所属するディビット氏からワークショップのワークショップを実施していただきました。

UXを進めていくに当たり、ワークショップの実施は大切なものになります。
今回はワークショップの目的は何か?のもと、どのようにカリキュラム設計すべきか、また、参加者が共感できる方法を紹介し、モデレーターはどのようにすべきかを学びます。

UX DAYS TOKYOでは、定期的に開催しているワークショップでの実績をもとに改善点を見つけ改良しています。
そのノウハウをもとに、どのワークショップでも共感できるモデレーターの方法を学びます。

アジェンダ

  • UXer・UXチームの役割(横軸)
  • ファシリテーターの役割
  • UXのワークショップの種類と役割
  • ワークショップ開催の心得
  • 役割
  • 伝え方・話し方

講師

講師:大本あかね / UX DAYS TOKYO
UX DAYS TOKYOの定期的なUXワークショップの企画・運用を行っている

著書:「~デザイナーでなくてもわかる~ UXと理論で作る Webデザイン

対象者

UXを社内やクライアント・プロダクトに取り入れたい方と思っている、方向けの勉強会です。

  • UXデザイナー
  • プロダクトオーナー・プロダクトマネージャー
  • 人前に話すことをもっと勉強したい方
  • モデレーターやファシリテーターになりたい方

上記であれば、どなたでもご参加いただけます。

タイムスケジュール

  • 18:30 開場
  • 19:00 座学  
  • 19:30 ワークショップ
  • 20:50 質疑応答 
  • 21:00 懇親会
  • 21:30 終了

*状況によってスケジュールが変更される場合があります。

参加費用

通常3000円(FB投稿割引:2500円)

申し込み方法

connpassよりお申し込みください。
https://uxdt.connpass.com/

この記事を書いた人:大本 あかね

UX DAYS TOKYO オーガナイザ/デジタルマーケティングコンサルタント

著書
ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン
Google Search Consoleの教科書

毎年春に行われているUX DAYS TOKYOは私自身の学びの場にもなっています。学んだ知識を実践し勉強会やブログなどでフィードバックしています。
UXは奥が深いので、みなさん一緒に勉強していきましょう!

スローガンは「早く学ぶより深く学ぶ」「本質のUXを突き止める」です。