TOP UX格言 説明文や注意書きを記載すれば良いと思ってはいけない

説明文や注意書きを記載すれば良いと思ってはいけない

説明文や注意書きを記載すれば良いと思ってはいけない

格言・記事作成:大本あかね / イラスト:コソバマイ

文字が小さく・多いと、どんなに良いことを記載していても読みたいと思わず、読み飛ばしてしまう経験は誰しもあると思います。にも関わらず、日本では文字が小さく・多く書かれている文章・デザインを見かけることがあります。

読みにくい文字を入れたデザインを採用してしまう思考には、2つの理由があるからと想定されます。

  • 丁寧な言葉にすることで、長くなってしまうから仕方ないと思う諦め
  • 記載していれば責任が逃れられると思う心理

行動心理と相反することはしない

「記載していればOK」というのは企業側の見解で、少なからず文章にしているのであれば伝えるという目的があるのですから、正しく伝えていきましょう。

そのために、人間の行動心理を理解してデザインしていきましょう。UX TIMESでは人間心理に関わる用語を公開しています。

脳の特性・行動心理に関わる記事

人の脳はできるだけ使わない節約モード「システム1」で動いています。多くのエンジンを利用する「システム2」を使うことは本能で避けてしまいます。デザインやテキストを見て、すぐに理解できないと考える「システム2」のモードに切り替わります。

認知負荷が高く(理解するための認知に時間がかかる)なります。本能として節約モードで動こうとするので、認知負荷が高くなると人は読むこと自体を諦めてしまいます。

認知負荷を高める傾向のもの

  • 文字量が多く、小さい場合
  • 7つ以上の箇条書きが並んている
  • 長ったらしい文章
  • 良く理解できない言葉
  • 知らない言葉

UX DAYS TOKYO オーガナイザ/デジタルマーケティングコンサルタント 著書 ・ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザインGoogle Search Consoleの教科書 毎年春に行われているUX DAYS TOKYOは私自身の学びの場にもなっています。学んだ知識を実践し勉強会やブログなどでフィードバックしています。 UXは奥が深いので、みなさん一緒に勉強していきましょう! スローガンは「早く学ぶより深く学ぶ」「本質のUXを突き止める」です。

まずは言葉を覚えよう

「UX用語」のカテゴリー

UXを取り入れるためのマインドセット

「UX格言」の新着

UX格言 一覧

現場の声をリアルで届ける

動画で学ぶUX 「You X Tubo(ゆーえっくすつぼ)」の新着

You X Tubo(ゆーえっくすつぼ) 一覧