シナリオがなくては、本当のUIは作れない

UXを学ぶ以前に、不動産業界のサイトを手掛けたときの話です。

物件検索サイトを作る際に、「業界No.1のサイトがこうなっているから、同じようなUIを作ってほしい」と言われました。出来るだけNo.1のサイトに似せてUIを作りましたが、リリース後になぜかユーザーはあまり利用してくれませんでした。

実際にサイトを使ってくれた友人に理由を聞いてみると、物件を探したい行動に対してサイトの導線が見つからず、やりにくかったからあきらめた、と言われてしまいました。

「UIを作成する前から、ユーザーの行動を意識していれば良かった」と、制作チームで反省したものです。

ユーザーの意図・行動は、設計前に調査して、シナリオで具体化しよう

ユーザーの行動や考えを具体化したものがシナリオです。
シナリオは、架空のものではなく、実際に利用したユーザーやこれからアプローチしたい見込顧客を調査して作り上げていきます。

シナリオ作成の一例を紹介します。

はじめに、ユーザーの実態を調査します。例えば、ヒアリングを行い、普段どのようにやっているか、その際にどんなことを考えているか、どのような状況下でやっているかを聞き出します。
次に、ヒアリング内容からインサイトを得て、実際のユーザーがとった「行動」の裏にある意図を探り、シナリオに落とし込みます。
最後に、シナリオを具体化しチームに共有する際は、ユーザーの状況や考え、行動が明らかになるようにしましょう。
その際に、ストーリーを活用してを伝える「ストーリーテリング」や、簡単なイラストで一連の流れを表した「ストーリーボード」といった方法を利用できます。

シナリオを作成して、ユーザーを理解してからUIを作ろう

シナリオを作成することによって、ユーザーがどのようなことを考えて行動しようとしているか理解できるようになります。
ユーザーの意図・行動に沿ったUI設計を行うために、設計前にシナリオを作ることはとても重要です。

ユーザーの行動を無視していきなりUIを作成しても、ユーザーにとって価値をもたらすUIになりません。
設計前にユーザーの行動を調査して利用シナリオを作ることを心がけましょう。

関連用語

関連記事

高田 信宏(Nobuhiro Takada)

Web・デジタルマーケティング分野で、プランナーや教育業をしています。ユーザーがとる行動を意識した結果、マーケティングだけでなくUXの観点から見る必要性に気付かせていただき、UX DAYS TOKYOに入らせていただきました。

今一番興味があるのは、『ジョブ理論(Jobs to be done)』の視点をどう実案件に応用できるか です。行動経済学・認知心理学の分野だけでなく、仕事の本質をチームで学べるのが大きいなと感じています。

趣味は音楽鑑賞です。宜しくお願いします!