TOP 思考・マインド 持続可能なプロダクトのため、本当の価値を生み出す努力をしよう

持続可能なプロダクトのため、本当の価値を生み出す努力をしよう

UX DAYS TOKYO2024に来日するダン・サファーの記事です。あらゆる事がビジネスドリブンになり、効率や価値をもとめすぎてしまいってる。ビジネスは大切で利益は大切だが全うな方法で得る事が大切です。(UX)デザイナーの役目は、価値を生み出すことに再び焦点を合わせて価値を創出しましょう。
https://odannyboy.medium.com/create-more-value-than-you-take-8e2000240317


ここ10年のテクノロジー業界では、新しい価値を創造するよりも、既存の価値から利益を上げることが主流となっています。多くの企業が、利益最大化に焦点を当て、それに過度に重点を置くことで、利用体験や顧客満足、そして社会全体への貢献を軽視していると言えます。

長期的な価値創造は、しばしば短期的な成果の追求や不要な中間業者の増加、またベンチャーキャピタルの資金を利用して既存の業界を破壊するなどの行動によって、失われてきました。

こうした動きは利用者たちの中で不満を増大させ、テクノロジー企業が単なる利益追求に走っているという否定的なイメージが広がっています。多くの人が自分たちが利用されていると感じ、実際、それが事実となっている場合があります。テクノロジー業界は、本来人々の生活を向上させることを目指す大切な目的を見失ってしまったのです。

既存の価値からの引き出しは、企業とその顧客にとって短期的なメリットのない戦略です。本当の問題を解決し、真の価値を提供するプロダクト(製品)やサービスを作ることよりも、利益を優先する企業は、ユーザーから収益を得ようとあらゆる手段を駆使します。これには、欺くような広告やしつこい広告、過剰なデータ収集、本来無料であるべき機能の有料化、そしてユーザーを夢中にさせるが実際は彼らの生活を向上させない中毒性の高いプロダクト開発など、多くの悪影響が伴います。

リサーチャーのErika Hall(エリカ・ホール)氏は、以下のようにポストしています。
「UXは、提灯アンコウの効率よくエサを獲得する誘引突起ようなもので、UXという流行言葉によって近寄ってくる場合と、UX設計があることで、本質の計画ができることの2つの意味を持つ」

(プロダクトの中で)最大の課題は、投資家やウォールストリートから早期に利益を上げるような圧力を受けていることです。投資家は、自身の投資から迅速に利益を得たいと要求することがよくあり、企業はその要求に応えるため、収益化を最優先することが避けられません。

これは絶え間ない努力となるかもしれませんが、企業は投資家に対して、利用者の体験や価値を重視するために、よりバランスの取れたアプローチを提案する必要があります。短期的には利益が少なくなるかもしれませんが、長期的には企業と投資家の両方にとって良い結果につながります。
アップルはこれを実践しており、かつてのGoogleも同様でした。ただし、現在、このようなアプローチを取っている企業はほとんど存在しません。

デザイナーの役目は、価値を生み出すことに再び焦点を合わせることです。プロダクトチームの他のメンバーには、これを推し進める動機はありません。それは私たち(UXデザイナー・UXer)が主になって行う仕事です。つまり、ただお金を稼ぐだけではなく、ユーザーの本当のニーズや関心に応えるプロダクトやサービスの設計に、もっと力を入れることが求められます。

企業が生きていくためには収入が必要であり、本当の価値を提供する商品やサービスに料金を設定すること自体に問題はありません。問題は、企業が収益化を最優先し、ユーザーが得る価値よりも多くを引き出すようになった時に起きます。

これは、悪いユーザー体験や顧客の流出、会社の評判の低下に繋がりかねません。利益は、本当の価値を提供した結果として得られるべきもので、目的そのものではないはずです。しかし現在、この理念が実践されていることは少ないです。

では、私たち(UX)デザイナーはどうやって長期的に価値あるものを作り出すのでしょうか?
従来通り、ユーザーが何を必要としているか、これからどんなチャンスがあるかに集中します。これは、(多くの場合、プロダクトマネージャーや経営者が決める)短期的な目標を無視するというわけではありません。

しかし、プロダクトの将来について、より長期的で戦略的な視点を持ち、理想的には単にお金を追求する要求を排除するか、それが難しい場合でも、少なくともユーザーがより快適な体験を得るために変革し、ユーザーに真の価値を提供する力が必要です。

これは、本当に議論しなければなりません。数字やリソースについて話し合うべきです。
例えば、「これを実行させると、ユーザーに価値を提供する機能の進捗が遅れます。しかし、その機能は利用者を3%増やすことができます。」これはプロダクトの戦略を考える上での重要な事項です。
「もし今、この短期的な儲けの方法を選ぶと、将来、もっと大きな目標に向かうのが難しくなります。」

(上記のような会話は)誰も聞きたくない・言いたくない内容です。(しかし、言わなくてはなりません。)長期的な視点で価値を作るためには、リスクをとって新しいことに挑戦する文化が大切です。デザイナーには、新しい試みを行い、リスクを受け入れ、常識の枠を超える勇気が求められます。

創造力と好奇心が伸びる環境を整え、失敗も成功に向かう大切な一歩と捉えるような文化です。ユーザーの体験の質を守ることを最も重要とし、その体験がユーザーにとって価値がなくなったら、大胆に改善する、それがデザインの大切な役割です。

家具で有名な建築家:チャールズ・イームズ氏が、「デザインの95%の努力」と言ったように、考えを実現し続けることにあります。今のビジネス(UX)業界では、ユーザーが大きな努力をせずとも十分な価値を感じられるよう、ユーザー体験を保つこと、それが努力です。

これら(努力について)も、誰にとっても耳が痛い言葉でしょう。

大学院に在籍していた際、故ジョン・ラインフランクというデザイナーがクラスに参加しました。
ある学生が彼の仕事について尋ねると、彼は「私の仕事はトリックスター(詐欺師)です。」と答えました。そして、追加説明として、「私の仕事は、企業を騙して正しいことをさせることだ。」と述べました。デザイナーの皆さん、あなた方の仕事も同じです。

この記事はChat GPTを利用して執筆されました。

UX DAYS TOKYO (代表) 見た目のデザインだけでなく、本質的な解決をするためにはコンサルティングが必要だと感じ、本格的なUXを学ぶため”NNG”に通いニールセンノーマンの資格を取得。 業績が上がる実装をモットーにクライアントから喜ばれる仕事をしています。

まずは言葉を覚えよう

「UX用語」のカテゴリー

UXを取り入れるためのマインドセット

「UX格言」の新着

UX格言 一覧

現場の声をリアルで届ける

動画で学ぶUX 「You X Tubo(ゆーえっくすつぼ)」の新着

You X Tubo(ゆーえっくすつぼ) 一覧