カイロメーカー桐灰化学が売上を伸ばしている理由

カイロメーカーが例年になく業績を上げているという情報を目にしました。その理由は、通常のカイロの平均温度より10度高いカイロを作ったことが売上をあげた理由だそうです。

熱いカイロがなぜ売れる?

【送料無料・まとめ買い8個セット】桐灰 カイロ マグマ 貼らない 30個入

カイロをつけると低温火傷するので、熱くして大丈夫?って思ったりしたのですが、ユーザーの利用シーンでこの熱いカイロ「マグマ」が売れているそうです。

例えば、スポーツ観戦などをしている場合、運動はしていないので寒くなってしまいます。

私はスノーボードをするのですが、スポーツしていても寒い日は、カイロをつけてもその存在を忘れてしまうくらい寒くなってしまうことがあります。

昔、不動産案内のバイトをしていた時もじっとしていたので、カイロをいくつもつけていました。

何十年も見直されなかった設定温度を変えたきっかけは何だ?

2019年の新入社員が会議で、「工事現場でバイトしたいた時、カイロめっちゃはっても寒かったんです。」という一言からだそうです。

ユーザーの声はイノベーションの塊

今回の例だけでなく、ユーザーの声をそのまま商品化して爆発的に売れるケースは少なくありません。

机上の仕事で頭を抱えていてもアイディアは浮かびません。ユーザーの心理・本意を知り、ユーザーにとって価値あるものを提供することができれば、自ずと売れるようになります。

今回の新入社員の棚ぼたのようなこともあるかも知れませんが、ユーザーをきちんとリサーチしていれば、棚ぼたアイディアでなく、イノベーションを生むことができます。

そのためにもUX設計をしていきましょう。UXは、デジタルやUIだけのものではありません。

この記事を書いた人:大本 あかね

UX DAYS TOKYO オーガナイザ/デジタルマーケティングコンサルタント 著書 ・ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザインGoogle Search Consoleの教科書 毎年春に行われているUX DAYS TOKYOは私自身の学びの場にもなっています。学んだ知識を実践し勉強会やブログなどでフィードバックしています。 UXは奥が深いので、みなさん一緒に勉強していきましょう! スローガンは「早く学ぶより深く学ぶ」「本質のUXを突き止める」です。