UX設計が出来てもデザインや実装が出来なければ成功はない

格言:大本あかね / 記事作成・イラスト:nayumi

上流工程のUX設計が正しくできたとしても、UIやデザイン、HTML・CSSでの実装が正しくできなければ成功とはなりません。

ここでは名前を差し控えますが、UX設計コンサルティングをしている企業のサイトでも、正しく実装できていないケースが存在します。

最適なUX設計が出来ていたとしても、最終的に実装が正しくできていなければUXの向上はありません。問題点として「デザインのミス」と「実装のミス」の2つがあります。

デザインのミス

サイトイメージ図

「ホーム / UIデザイン / UXデザイン / Produce / 企業向けセミナー」という文字列は、本来はメニューリンクとしてデザインされていました。しかし、この文字列はクリックすることができず、該当ページに遷移することができません。

メニューという場所での致命的なミスにもかかわらず、リンクに見えないようなデザインだったためか、このミスは1年以上放置されています。

実装のミス

<a>タグが設定されているが、CSS上での優先順位の影響でリンクが効かない状態になっている

HTML上では<a>タグが指定されてはいるものの、実装されたCSS上での優先順位が間違っていて、リンクが効かない状態になっていました。

リンクが機能しないグローバルメニューでは、サイトに訪れたユーザーは目的のページに行くこと出来ません。

ユーザビリティテストをしていないことも想像が付きますし、アナリティクスとの連携もされていない可能性があります。

UX設計をしても、サービスを形作る工程で正しく実装されなければ、良いUXを作ることは出来ません。

この記事を書いた人:nayumi

東京在住のWEBデザイナー。
趣味:映画鑑賞、気分がノってる時の料理
好きな食べ物:ビリヤニ、野菜、虫
マイブーム:テキスト読み上げ機能での読書