UXはユーザーの真の意見が重要。最も重要な要素が学べたワークショップ

ユーザーの真の意見を得るための要素を学んだ

UXはユーザーの意見が重要。当たり前だけど最も重要な要素を学ぶために、エリカ・ホールさんのワークショップに参加しました。

ワークショップのテーマは「組織で行う最良のリサーチ方法」です。私はリサーチに関して全くの初心者なので、とても楽しみにしていました。参加者はだいたい20人ぐらいで女性が多かったです。日本で行うワークショップよりも座学が多いという印象を受けました。

リサーチの必要性とリサーチャーとしてのマインド

作り手がこだわったプロダクトを作っても、ユーザーがどう受け止めるかということはコントロールできません。「このように使って欲しい」という目的でサービスを作っても、ユーザーに強制させることは不可能です。

ユーザーがどのようにプロダクトを使っているのか、そして本当に必要なものは何かということを知るためには、リサーチが必要なわけなのです。
しかし、リサーチが必要だからと言って専門のリサーチャーを雇うだけで全てがうまくいくわけでもありません。
リサーチャーが素晴らしいリサーチを行なったとしても、組織内に共有されなかったら宝の持ち腐れです。リサーチの結果、そしてリサーチを行うという文化を浸透させるためにも組織としてのコラボレーションが重要です。

良いリサーチの仕方

リサーチのプロセスは以外にも単純で以下の3つでした。

  • 質問を作る
  • データを集める
  • データの分析

データを取得するためには質問が必要不可欠ですし、データを分析しないと、ただデータを集めただけになってしまいます。良いリサーチには「良い質問」が非常に重要です。

リサーチというと、いかにして「良い調査結果(答え)」を追求するかが重要だと思っていたので意外に感じましたが、ユーザーをコントロールできない以上、答えありきだと本当にユーザーが取っている行動を知ることはできません。

例えば、ある機能についてプロトタイプを2種類作ってユーザーに使ってもらい、「どちらの方がいいか」というアンケートを行なった時のことを考えてみます。この場合、「どちらの商品がより良いものか」という問いに関しては非常に有用な答えを導き出してくれます。が、その機能が「ユーザーが本当に欲しいものではなかった」としたらどうでしょうか。プロトタイプ自体に全く意味がなくなってしまいます。

リサーチにはプランが必要です。チーム内で議論することにより、より良いプランを作っていきます。以下の項目について議論していきます。

  • タイトル
  • 期間
  • 調査目的

中でも重要なのは「調査目的を設定する」ということです。リサーチが無駄と言われてしまうのは、調査目的を設定していないからです。どのような決定事項に影響があるのか、他の人(上司など)に報告できるようにしておかないと、リサーチにかけた時間が有用であるということを説明できません。

「目的を明確にする」のは何においても重要ですね。目的を明確にするのはなかなか自分でも行えていなくて耳が痛いです。

リサーチの実践

この後、実際にインタビューを行いました。人生初のインタビュー。。。
教えていただいた通りに質問を考え、目的を頭に入れて。。。とやってみたものの、インタビュー対象者に喋ってもらおうとするあまりに空回り。。。焦って自分がベラベラ喋ってしまいました。インタビュアーがベラベラ喋ってはいけないと言われていたのにもかかわらず、です。さらに目的をすっかり忘れてしまうなどなかなかうまくいきませんでした。

インタビューは場数が必要だとエリカさんはおっしゃっていましたが、その通りでした。

私自身はいわゆる「インタビュー」をすることがないのですが、コミュニケーションを取るときに意識をしてみようと思います。

何に生かしていく?

「良いプロダクトを作るためにはリサーチが必要不可欠」であること、「適切な質問をするというのはどういうことか」、「組織としてどうやってリサーチをしていくか」を学ぶワークショップでした。

エンジニアには「リサーチ」は不要と思われるかもしれませんし、現に企画担当の方が行うようなインタビューを行うことはありません。そのためエンジニアである私はリサーチを行なったことさえなかったのですが、今回の調査方法で真の調査の仕方を勉強でき参考になりました。

エンジニアとしてのゴールは「エンドユーザーに満足してもらうプロダクトを開発する」ことです。ユーザーのニーズを掴めるかが価値に繋がっていくように感じました。そして「リサーチする力」は職種を問わず必要だと感じたワークショップでした。

この記事を書いた人:sachiko

フリーランスのエンジニア。エンジニア歴は15年のアラフォー。

ここ最近はスマホアプリ開発とサーバサイドの開発が多い。
ただ開発できるのではなく、ユーザーさまが本当に求めることを提案できるようになるべく、UXの勉強をしている。