ペルソナが役立つもう1つの理由

ワークショップに参加され、ペルソナ法の基本について理解されている方向けに、クリス・ノッセルが記載した記事の翻訳です。

意志的スタンス

クーパー(Cooper)が編み出した「ペルソナ法」は、事実上、世界中で利用されるインタラクションデザインのツールの一つとなりました。多くの方は、ペルソナの基本的な概念をご存知でしょう。

ペルソナは、直接的なユーザー調査から得られたユーザーの顕著な特徴を、理解したり覚えたり議論したりしやすいよう、人(ユーザー)を具現化する手法です。

私はクーパー社で10年以上に渡りデザインの教育や文章作成のためのツールとしてペルソナを活用してきました。活用しているからこそ強く確信していることがあります。それは、ペルソナ法は調査を具体化し、覚えたり使ったりするのが簡単ということです。

people

そして、ペルソナが役立つ理由がもう1つあります。それは心理的な要素です。心理的要素も、ペルソナを理解する上で重要な要素で、デザインに関する問題への考え方を根本的に変えてくれます。


ペルソナは、デベロッパー、プロダクトオーナー/マネージャー、ビジネス・ストラテジスト、コンテンツ・ストラテジストなどの制作サイドの者にとって、自分が存在する世界に対する考え方を変え、良い結果をもたらします。その理由の解説には、少し哲学的な考えが必要になります。

哲学者Daniel Dennett(ダニエル・デネット)氏によれば、自分の住む世界に対する人間のスタンスというのは、「物理的スタンス」「デザイン的スタンス」「意志的スタンス」の3種類あり、そのうち、どのスタンスを取るかによって、世界に対するの考え方が変わると言います。

「物理的スタンス」

「物理的スタンス」は、物理的感覚の元ものごとを予測します。
Understand the Physics
例えば、「火に砂をかけたらどうなるだろう?」といった疑問が生じた場合のようにです。

「デザイン的スタンス」

「デザイン的スタンス」は、人間が直感的感じたことをそのままデザインにしようとします。

understand the maker's intent
例えば、新しい道具を手に取り、「これを作った人は、これがどう使われることを意図したのだろう?」といった疑問を持った場合などです。

「意志的スタンス」

「意志的スタンス」は、脳の別の部位を使って、意志をもつ存在 (植物、動物、人など) がそれぞれの願望によってどのように行動するかを予測します。
Understand the intention
例えば、洞窟でアヒルを見つけたとき、自分を追いかけるトラの行動を予測するようなとき、人は意志的なスタンスを取っていると言えます。

人はデザインをする時、ある一連の影響をもたらすための行動を最適化しようとしています。
何が役立ち、何が無駄なのか、何が自分のペルソナを目標達成に導いてくれるのか。
そして、それらを考えるとき、私たちは上で説明した「物理的スタンス」「意志的スタンス」「デザイン的スタンス」の3つのスタンスのいずれかを使っています。

デザインしている時は、どのスタンスでしょう? 恐らく、「物理的スタンス」を取る人はいないでしょう。利用者の行動が厳格な物理的法則に基づいていると考える人などいません。ですが、残りの2つのスタンスはどうでしょう?

私が考えるには、人はデザインをしている時のスタンスとして「デザイン的スタンス」に陥りがちです。しかし、「デザイン的スタンス」は間違っています。

「デザイン的スタンス」では、目的によって道具を替えられます。ハンマーを振り、金属部品を取り外します。1つだけ違うことは、あなたが扱うのがハンマーではなく、世界中の利用者に対する感覚だということです。

これによる問題が、チームでの議論で生まれる「柔軟な利用者」です。

利用者の性質のうち、自分たちの関心に適する部分だけを都合よく組み合わせてしまいます。この手法では、自分たちの製品を使ってくれる利用者よりも、自分たち自身や組織を優先しています。これでは、利用者が製品やサービスを愛してくれるはずがありません。

デザインにおける適切なスタンスは、「意志的スタンス」です。
なぜなら、意志的スタンスは利用者の目標を常に尊重するためです。私たちは、できる限り利用者の役に立つデザインを提供する必要があります。そうしなければ、利用者の行動は変化し、競争相手に利用者を奪われてしまいます。

この意味をなすのは哲学の世界だけだと思われるかもしれませんが、グラスゴーカレドニアン大学マサチューセッツ工科大学といった多くの大学が行った実験で、実際に、それぞれのスタンスによって使われる脳の部位が異なることが明らかになっています。

それらを記録した脳の機能画像もあります。ですから、これは単なる哲学や常識ではなく、れっきとした神経化学的事実なのです。
(学術的な参考資料は、下記リンクから)


スタンスによって脳の使っている部分が異なることがわかる

もう1つのペルソナの利点や機能を理解すれば、私が若いインタラクションデザイナーや学生に教え込もうとしている少し変わったガイドラインの深く理解できるようになるでしょう。

私たちが、設定するペルソナの名前に「キャシー・コンシューマー(日本語例、清潔 純子)」アダム・アナリスト(日本語例:泥沼 亀之助」といった名前をつけない理由は何でしょう?
それは、現実世界にそんな名前の人はいないからです。これが、本物の人間ではなく作り上げられたモノであることは明らかです。

このような架空の名前が使われているチームでは、事実や実際の利用者を歪めたり無視したりするデザイン的スタンスがとられてしまいます。現実世界にある名前が良いでしょう。非現実的であったり、しっくりこなかったり、発音しづらいものは避けるべきです。ペルソナの名前を本物の人間のように名づければ、意志的スタンスが促進されます。

同じような理由から、私たちはペルソナに大きな写真を割り当てますが、モデルのような見た目のものは選びません。
また、プロジェクトによっては、ペルソナに学歴や技能、同僚、家族といった背景を設定します。ペルソナを最初に紹介する段階で紹介スライドに載せた情報を、いつまでも強調することは避けますし、ひとたびペルソナを作り上げた後は、彼らを本当の人間のように扱います。

私たちは、同じ目標を達成する責務をもつチーム全体の、生活の感覚や生きた意志性を引き出したいのです。これによって、不誠実なデザインや開発のプロセスを生み出しうるデザインの決定を避け、常に利用者の目標を最優先に考慮するスタンスを取ることができるのです。
これが、ペルソナが役立つもう1つの理由です。

your-stance

Gallagher氏とFrith氏の機能イメージング実験について詳しく知りたい方は、以下をご覧ください。Gallagher、Helen L.、Christopher D. Frith「Functional Imaging of ‘theory of Mind’」。Learning Development and Resource Center。Trends in Cognitive Sciences、2003.2,2012.7.16

出典

The other reason personas work: The Intentional Stance

https://medium.com/@christophernoessel/the-other-reason-personas-work-the-intentional-stance-9736511e9840#.8rgttcngq

http://www.cooper.com/journal/2012/07/the-other-reason-personas-work-the-intentional-stance

この記事を書いた人:KikuchiSatoshi

UX DAYS TOKYO をオーガナイズしている菊池です。
コーダーからUIを勉強し、本格的にUXも勉強しようと思いニールセンノーマンの資格を取得し、学んだことをコンサル業務を通して実践しています。
実際に効果があがることが多くユーザーやクライアントから喜ばれると仕事の励みになります。多く学び、多く経験する。人と違うことを一歩でも早く行う。そんなことをモットーにしています。