失敗には悪い失敗と良い失敗がある

格言:大本あかね / イラスト・文章:Michiyo Kunugi

 

なぜ失敗したかわからなければ、同じ失敗を繰り返す

例えば、ケーキを作っているとき、レシピも見ないで分量も目分量で作ったところ、外見はそこそこ整っていますが、生地が固くて、中は生焼け、おいしくないものができあがってしまいました。次に美味しく作るためには失敗した原因は何か分からないといけませんが、全部なんとなくで作ってしまうと、失敗した原因がわからないので改善案も出せません。仮に美味しくできたとして、もう一度同じものを作ろうとしても再現できません。

レシピ通りの正しい分量と材料で作った場合はどうでしょう。焼きあがったスポンジがが少し硬めだったら、薄力粉を少し減らすか、卵白の泡立ちが悪かったのかもしれません。砂糖をレシピ通りに入れてみたところ、焼きあがったケーキを食べてみたら甘すぎたので入れる量を調整してみよう…と改善するための計画を立てることができます。

初めに計画をしておくと、結果と比較し改善するための次の行動指針が持てます。失敗をすることは悪いことばかりではありません。失敗から学ぶことができないことがよくないのです。

失敗した理由がわかれば、次の計画が立てられる

成功しているプロダクトの外見や手法だけ真似しても、自分たちが同じように成功できるとは限りません。成功している理由は何か、学べる部分はあるのか、自分たちで考え、取り入れることが大事です。

失敗から学び、失敗した理由や次にどう行動すれば成功する可能性があるのか?ということを模索しましょう。

失敗を恐れず、失敗から学ぼう

失敗から学び成功できる方法を考えることができれば、計画の失敗は、成功するための分析材料になります。

失敗することは悪いことではなく、成功への道筋の通過点です。失敗から改善点を見つけ常に向上し続けましょう。

 

関連記事

 

この記事を書いた人:大本 あかね

UX DAYS TOKYO オーガナイザ/デジタルマーケティングコンサルタント 著書 ・ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザインGoogle Search Consoleの教科書 毎年春に行われているUX DAYS TOKYOは私自身の学びの場にもなっています。学んだ知識を実践し勉強会やブログなどでフィードバックしています。 UXは奥が深いので、みなさん一緒に勉強していきましょう! スローガンは「早く学ぶより深く学ぶ」「本質のUXを突き止める」です。