第26回「コンテキストの理解と実践」(@大阪)12月開催

 

この度、第25回「コンテキストの理解と実践」を開催します。会場はYahoo!JAPAN 大阪様より協賛いただきました。大阪の梅田グランフロントのビルで、夜景がきれいな素敵な会場です。

まだまだUXは少し気難しい印象かもしれませんが、実際に手を動かして、自分の頭で考えることで勉強することができるワークショップです。スタッフ一同参加者とより学びを深めるために準備しています。お仕事帰りのお疲れの時間かもしれませんが、ぜひ皆様の参加をお待ちしております!

日時:
2017/12/18(月) 19:00 〜 21:30
人数:
35人
会場:
Yahoo!JAPAN 大阪(グランフロント)
大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 37階

申し込み

コンテキストを利用したWebサービス&サイト構築の視点を実習を通して学ぶ!

power by”日本にいながら世界のUXが学べる”UX DAYS TOKYO

UX DAYS TOKYO 【UX基礎ワークショップ】参加費:無料

  • 年に一度世界のUXのカンファレンスを東京で行っている 「UX DAYS TOKYO」 が「UXとはなにか?」「現場でUXを利用する方法」など。基本的で最も大切なことが学べるワークショップを開催しています。
  • 通常、有料で開催しているワークショップの内容をUX DAYS TOKYOスタッフの協力をいただき、無料で受講できます。

コンテキストについて理解を深めよう!

  • コンテキストとは、プロダクトとユーザーの接点やユーザーの置かれた状況などを指します。
  • UXをWebサービス、Webデザインに取り入れるにあたり、コンテキストは重要です。そのコンテキストの理解を深め、UXが設計されたサービスかどうかの視点を学んでいただくワークショップです。

連載「コンテキストを理解する」

コンテキストをより理解していただくために以下の記事を読み合わせていただきますが、事前にお一人で読まれることをオススメいたします。

「コンテキストの理解と実践」ワークショップの目的

  • 今回のワークショップでは座学とグループワークを通してコンテキストの理解を深め、そして実践に結びつく気付きが得られることをゴールとします。
  • グループワークでは「お題」に沿って、サイトを検証していただきます。
  • より理解を深めたい方は、上記記事を読んできて参加されることをお薦めいたします。

講師

  • スピーカー:近森 淳平 / UX DAYS TOKYOスタッフ
  • スピーカー:水野 直 / UX DAYS TOKYOスタッフ
  • モデレーター:大矢 礼子 / UX DAYS TOKYOスタッフ

タイムテーブル

  1. 18:45〜:開場
  2. 19:00〜:UX DAYS TOKYOの紹介
  3. 19:30〜:UX、コンテキストの理解:座学
  4. 20:00〜:グループワーク
  5. 21:00〜:名刺交換会

参加枠

  • – 有料 FB投稿不要枠:有料(500円)でのご参加になります。
  • 無料 FB投稿枠:無料でご参加頂けますが、ワークショップの普及のため、ご自分のFacebookページで下記のいずれかをお願いし致します。
    ① Facebookでイベント告知ページのシェア
    ② Facebookでワークショップに関する投稿(参加してきました、勉強になりました、など簡単なもので結構です。)
    ※受付で①か②の画面表示をお願い致します。イベント参加中か参加後に投稿予定の方はその旨をお伝えください。
  • Yahoo! JAPAN様 : Yahoo! JAPAN 社員様は無料でご参加いただけます。

注意事項

ワークショップですので時間は厳守でお願いします! 欠席になりそうな場合は、前日までにキャンセル処理のご協力をお願いします。 当日はお名刺の提示、もしくは、connpassの受付表(6桁の数字が掲載されている画面)を受付時にお見せください。

UX DAYS TOKYO 【UX基礎ワークショップ】開催の目的

  • UXをより現場に、そして追求するための啓蒙活動して開催しています。
  • 海外のUX情報をより確実に理解するためのワークショップです。
  • ワークショップでの実習を通してディスカッションしてより実務で使えるノウハウを身につけていきましょう。

どんな人向け?

  • よいプロダクトを作りたい、よいサービスを作りたい!そういった前向きのマインドを持った方向けの勉強会です。
  • システム設計などソフトウェアなどの開発をされている方。
  • ユーザー視点で開発、デザインを進めたい方。
  • デザイナーである必要は無く、UXをより勉強したい、世の中をUXで良くしていきたいという志を持っている方であればどなたでもご参加いただけます。

特に以下の様な方はぜひご参加ください。

  • UXがいまひとつ現場で役立たせていない方。
  • UXの基礎を勉強したい方。
  • UXをこれから学びたい方。
  • UX Days Tokyo に参加したい方。

過去にご紹介いただいたブログ

この記事を書いた人:UXDT