第8章 デザイナーの仕事 – The Guide To Design

この記事はUX CollectiveThe Guide To Designを翻訳転載したものです。配信元・著者の許諾のもと配信しています。
翻訳元記事:Chapter 8 The job of a designer
Guide to design 第8章 デザイナーの仕事

デザイナーの一日ってどんな感じでしょうか?デザイナーの仕事に就いたら、何をして、何を納品するのでしょう?

ヒント:モックアップやプロトタイプは、デザイナーの仕事のほんの一部に過ぎません。

ゴール

デザイン以外のデザイナーの責任の一端を理解する。

Illustration of a person upside down
イラスト:Michela Picchi

デザイナーとして、あなたはプロジェクトに割り当てられます。働いている会社によっては、既存のモバイルアプリに新機能を追加したり、オンラインショッピングのカスタマージャーニーをマッピングして改善するようなプロジェクトがあるでしょう。場合によっては、大規模なウェブサイトの改修、ファッション小売業者のためのインタラクティブな画面体験の構築、チャットボットとの会話体験のデザイン、新進気鋭のスタートアップのためのランディングページの作成などを担当することになるかもしれません。 

企業によっては、一つの製品に長く取り組むことになるかもしれません。製品の立ち上げは旅の始まりに過ぎません。より良いコンバージョンを実現するためにフローを最適化したり、ユーザーが抱えている問題点を解決するためにデザインを改良したり、機能を追加したり、進化するユースケースやビジネスニーズに対応したりと、やらなければならないことは山ほどあります。 デジタルプロダクトデザイナーに特化したスキルとして、忍耐力があります。製品を成功させるには時間がかかり、場合によっては同じデザインの課題を1年かけて解決することもあります。

“失敗を通してこそ、実際に成長することができる。良いものを手に入れるためには、悪いものを手に入れなければならない。次の発見をするためには、たくさん試して失敗しなければならない。”

Paula Scher

あなたは一人で何かをデザインするのではありません。他のデザイナーだけでなく、プロダクトマネージャー、開発者、ビジネススペシャリスト、マーケター、アナリティクスの専門家からなる学際的なチームと協力することになります。製品を成功させるためには多くの要素が必要であり、デザインはその一部に過ぎません。 

デザインは商品開発の主人公ではありません。実際には、主役は存在しません。ユーザーとビジネスのためにシームレスに製品を作るには、チーム全員の力が必要です。コラボレーションやフィードバック、何度もの反復にオープンであることは、デザイナーが持てる最高の資質の一つです。誰もが同じ目標に向かって、エゴを排して仕事をしているとき、プロセスはより自然に流れ、最終的な製品に対するオーナーシップを感じます。

Illustration of a colorful banana

デジタル製品やサービスを構築するために他の分野と並んで仕事をするようになると、創造性、楽観性、優れたコラボレーションスキルが必要不可欠になります。この章では、デザイナーのプロセスについて学び、チームの中でのデザイナーの役割に何が期待されているかを理解します。

記事・書籍リスト

The Shape of Design(翻訳版なし)

成功したデザイナーがクリエイティブなプロセスを経ている間の精神状態を紹介しています。Frank Chimero著。

著者ページより、The Shape of Designの電子書籍が無料でダウンロードできます。

blank
The Shape of Design

2. あなたはUXに向いていますか?(Are you a good fit for UX?)
Meghan Wenzel (4 分)

3. 幸せなチーム、やる気のあるチーム、成功するチームのための5つの資質(Five ingredients for happy, motivated and successful teams)
Lillian Ayla Ersoy (6 分)

4.重層的に作品を届ける(Delivering your work in layers)
Fabricio Teixeira (3 分)

5. 人に嫌われないワークショップをするための10のコツ(10 tips on how to have a workshop that people won’t hate)
Erik Johnson (5 分)

6. プロダクトデザインが上手になるには?(How to get good at product design?)
Diana Malewicz (6 分)

7. デザイナーと開発者のコラボレーションを向上させるための5つの原則(5 principles for better designer-developer collaboration)
Fabricio Teixeira (8 分)

8. デザインの仕事に就くためのガイド(A guide for getting a job in design)
Caio Braga (7 分)

動画リスト

1.デザインは細部に宿る(Design is in the details)
(Paul Bennett)

2. デザインによる幸せ(Happiness by design)
(Stefan Sagmeister)

3.デザインと柔軟な精神(Design and the elastic mind)
(Paola Antonelli)

深く考えてみよう

このガイドに沿って理解が進んだ今、あなたはデザイナーとしての一日はどんなものと期待していますか?

それはあなたの最初の認識とどう違っていますか?

あなたが一番ワクワクすることは何ですか?

「誰もがデザイナーである」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。機能横断的な同僚があなたのデザインプロセスの一部であることをどのように考えていますか?

デジタルプロダクトデザイナーとしての最初の仕事には何を期待していますか?何を学び、何を成長させたいですか?

事例紹介

Figma、Webflow、Zendesk、Intercomその他多くの企業は、チームの構造、プロセス、キャリアパスについての記事で素晴らしい仕事をしています。これらの記事は、ほとんどがチームのポジティブな側面に焦点を当てたものですが、それでも、デザイナーとしてどこに注力したいのか、自分の仕事がどのようなものになるのかを理解するための貴重な資料となっています。

これらの例を注意深く見た後、デザイナーの仕事についての最初の認識から何が変わりましたか?これらの記事から何を見逃しましたか?デザイナーとしての日々に何を期待していますか?

次へ

第9章:これからの道

この記事はUX CollectiveThe Guide To Designを翻訳転載したものです。配信元または著者の許可を得て配信しています。
翻訳担当:池田茉莉花 (Marika Ikeda)
監修:菊池聡 (Satoshi Kikuchi)