UX業界には、異なるタイプのデザイナーがもっと必要:The Guide To Designをまとめた理由

なぜUXデザイナーになるためのガイドであるThe Guide To Designをまとめたのか?その理由を語るページを翻訳紹介します。

この記事はUX CollectiveThe Guide To Designのページを翻訳転載したものです。配信元・著者の許諾のもと配信しています。
翻訳元ページ:About – Our industry needs more designers. Most importantly: a different type of designer.

この10年間で私たちUXデザイナーが経験してきた進歩は、「新進のデザイナーが専門分野をもっと利用しやすくなった」という点では否定できません。本当にすばらしいです。それでも、進歩はかなり遅いです。

デジタルプロダクトのデザインはエリート主義のままでいます。それを破るのは難しく、不必要な専門用語の影に隠れているし、すべての専門家の最善の利益を真に代表する組織が欠けていて、理想に比べると多様ではありません。

結局のところ、確立された排他的なデザイン業界の体制の解体に積極的に取り組まなければ、この状況はずっと続くでしょう。そして、それはデザイナーがデザイン業界にどんな人を迎え入れ、または除外するかにかかっています。

デザイン業界への参入障壁を低くしなければ、特定の経歴を持つ、極めて少ない種類のデザイナーだけしか業界に入ることができません。

スクールや職業訓練(ブートキャンプ)も同様の課題を抱えています。優れたクラスがないわけではありませんが、多くの人にとってはコストがかかりすぎます。特に、まだデザインのキャリアを始めたばかりの人は、そのようなスクールのどれかを契約するのはリスクが高いかもしれません。

デジタルプロダクトデザインの世界に足を踏み入れるために「何を勉強すべきですか?」「何を読むべきですか?」といった、アドバイスを求める読者の声をよくいただいています。しかし、あるパターンに気づきました。

これらのメッセージに返信して人々にアドバイスするとき、普通はいくつかの記事やリンクに立ち戻ることになります。公開されてから数年経っても時を超えて価値があり意味のある記事たちは、デザイナーがより重要なレンズを通して業界を見るのを助けるでしょう。

そのような理由で、私たちはこのガイド(UXデザイナーへのガイド – The Guide To Design)をまとめることにしました。このガイドが、デザインに関して言えば、究極のガイドや魔法の公式、UXユニコーンなどは存在しないことを思い出させてくれるようにしたいと、多くの労力と努力を捧げました。

ガイドの最後に読者を待つデザインの仕事はなく、従来の教育に取って代わるものでもありません。UXデザイナーへのガイド – Guide To Designでは、デジタルデザインの仕事が実際にどのようなものかを垣間見ることができるので、UXでのキャリアが自分に合っているかどうかを判断することができます。

UXデザイナーへのガイド – The Guide To Designに戻る

UX Collectiveはデザイナーとライターのコミュニティです。知識共有がより多様でスマートで時代を超えたデザインコミュニティにつながると信じています。

フィードバックの宛先: hello@uxdesign.cc
この記事はUX CollectiveThe Guide To Designを翻訳転載したものです。配信元または著者の許可を得て配信しています。
翻訳担当:池田茉莉花 (Marika Ikeda)
監修:菊池聡 (Satoshi Kikuchi)