第9章 これからの道 – The Guide To Design

この記事はUX CollectiveThe Guide To Designを翻訳転載したものです。配信元・著者の許諾のもと配信しています。
翻訳元記事:Chapter 9 The road ahead

デザイナーになることは長い旅ですが、エキサイティングな旅です。私たちの分野をよりよく理解した今、あなたのデザインキャリアを形成するための次のステップを計画し始める時が来ました。

あぁ、これからあなたが作るもの

ゴール

デザインのキャリアをスタートさせるため、次のステップを明確にしましょう。

Illustration of a unicorn
イラスト:Michela Picchi

ここまで読んでいただけた時点で、本当にユーザーのためにデザインされたデジタルプロダクトやサービスを作るために必要なことを十分理解していただけたと思います。デザイナーとしての目的を知ることから、ユーザーをプロセスに引き込むことの重要性を理解すること、便利で楽しい体験を生み出すためのデザイン手法を学ぶことまでをこれまで学びました。

しかし、まだまだ先は長いです。

デザインを学ぶことは継続的なプロセスです。学び終わったと感じたことがあるとしたら、それはまだ何が分からないかを知らないからです。デザイナーとして、好奇心を持ち、周りの人から知識を吸収し続けることが大切です。自分の知っていることに疑問を持ち、他の人の視点を取り入れて話をする。それが自分を成長させる方法です。

もっと学ぶ方法はたくさんあります。参考文献や情報源を増やし続けましょう。他のデザイナーとつながり、オンラインコミュニティやイベントに参加し、メンターを見つけ、より深い記事や本を読みましょう。 

この先にはワクワクするような旅が待っています。私たちは、あなたが作るものを見るのが楽しみです。

次のステップ

新たな目標を設定する

  1. あなたにとってデザインとは何か、夢の仕事とは何かを定義した時のことを思い出してみてください。それはどのように変わりましたか? 
  2.  デザインについて学んできたことは、従来のデザインの仕事を超えて、多くの方法で応用することができます。学んだことをどのように応用したいか考えてみましょう。 
  3. キャリアの目標を明確にしましょう。どんなプロジェクトに取り組んでいると思いますか?それを達成するためには、どのようなデザインの役割が役立ちそうですか?

コミュニティを作る

  1. 周りで同じように学んでいる人、デザインの仕事をしている人、関連する分野で働いている人を見つけましょう。その人たちとチームを組んで、あなたの旅をサポートする方法を見つけましょう。
  2. SlackやLinkedInのグループに参加して、人に会ったり、質問をしたり、ネットワーキングのスキルを練習したりしましょう。
  3. 参加できるオンラインのミートアップやカンファレンスを探しましょう。

メンターを探す

  1. デザインメンターに何を求め、何を学びたいのか、高レベルのアウトラインを作成します。
  2. あなたが尊敬するデザイナー(第2章で見つけた人のように)に声をかける。 
  3. 人は忙しかったり、返事に時間がかかったりするので、何人かに声をかけてみるのもいいかもしれません。この機会を最大限に活用するためにも、メンターを見つけた後は、他の人に連絡を取る前に、メンターから何を学べるかに焦点を当ててみましょう。

学び続ける

  1. これまでのレッスンで学んだことを振り返りましょう。あなたはどのようなトピックについてもっと学びたいと思っていますか?あなたが最も苦戦しているのは何ですか?
  2. このガイドは学びの旅の始まりに過ぎません。どのように学び続けたいかを決めましょう。あなたのために、たくさんのコンテンツがあります。
  3. 特定のコースやプログラムに申し込む前に、そのコースを経験したことのある人を見つけて、その人の経験がどうだったかを聞いてみましょう。

練習を続ける

  1. デザインを考えることと作ることは、どちらも練習が必要です。 デザインの仕事を見つけたり、ポートフォリオを公開したりすることを急がず、まずは学び、デザインの中で自分の声を見つけることに集中しましょう。
  2. 日々進歩を続けましょう。ここにリストアップされているもの以外にも、もっと多くの練習課題や例を見つけてください。
Abstract shapes

週刊メールマガジンに登録する

このガイドの発行元のUX Collectiveはデザイナーの成長に役立つ週刊メールマガジンを発行しています。情報を継続して得る事で生産性を高め、自分の仕事についてより批判的に考えられるようになります。

メールマガジンはUX Collectiveのサイトから登録できます。

この記事はUX CollectiveThe Guide To Designを翻訳転載したものです。配信元または著者の許可を得て配信しています。
翻訳担当:池田茉莉花 (Marika Ikeda)
監修:菊池聡 (Satoshi Kikuchi)